いろいろな種類のオリジナルパーカーの費用と作り方


Amazonで販売されているオリジナルプリントパーカーをピックアップして、それらをオリジナル制作した場合、どのくらいの費用がかかるのかを調べてみました。

これからオリジナルパーカーを作ろうと思っている方は「こういうデザインだとこのくらいの費用になるのか」という感じで参考にしていただければ幸いです。

尚、パーカーの厚さや素材についてはオリジナルと同じもので比べているわけではありませんので、あくまでも同じような配置でデザインをプリントした場合の目安の価格と考えてください。

ロゴとカラーイラストをプリントしたフーデッドパーカー


出典:MARVEL パーカー メンズ 長袖 プルオーバー ロゴ ストリート スパイダーマン

フロントにMARVELのロゴとスパイダーマンのイラストがプリントされた、スタンダードなグレーのプルオーバーパーカーです。

1枚だけ作る場合

このようなデザインのオリジナルパーカーを作る場合、ロゴだけなら1色なのでカッティングシートでも良いのですが、スパイダーマンのイラストが入っているのでインクジェット印刷でプリントすることになります。
graphicのインクジェット印刷なら1枚4400円、オリジナルプリント.jpなら1枚4460円で作れます。

まとめて30枚作る場合

30枚の場合ならインクジェットよりもシルクスクリーン印刷の方が割安になります。

印刷色がブラック、レッド、ブルーの3色なので、版の費用が約20000円かかりますが、印刷料金が大幅に割引されるため、トータルだとシルクスクリーン印刷の方が安くなるというわけです。

オリジナルプリント.jpで注文した場合、インクジェット印刷だと、114,300円(1枚あたり3,810円)ですが、シルクスクリーン印刷なら107,580円です。

また、イラストレータでの入稿が問題なければ、graphicのインクジェット印刷も107,250円(1枚あたり3,575円)なので、こちらもコストパフォーマンスは高いです。

ブラックにブランドロゴをプリントしたシンプルなフーデッドパーカー


出典:Dickies パーカー メンズ 長袖 プルオーバー

フロントにブランドロゴがプリントされたDickiesのプルオーバーパーカーです。単色ロゴのデザインなので印刷コストもおさえられます。

1枚だけ作る場合

1枚なので版代のかかるシルクスクリーン印刷は選択肢から外れ、必然的にインクジェット印刷となります。
graphicだと1枚4,400円、オリジナルプリント.jpだと1枚4,460円で作れます。

まとめて30枚作る場合

印刷色が白1色なのでシルクスクリーン印刷が最適です。
オリジナルプリント.jpだと1枚72,900円(1枚あたり2,430円)で作れます。

ゴールドのロゴをプリントしたゴージャスなフーデッドパーカー


出典:adidas プルオーバー パーカー メンズ

ブラックの生地にadidasのブランドロゴが光沢のあるゴールドでプリントされた高級感のあるオリジナルパーカーです。

ゴールドやシルバーなどの特殊な色でデザインをプリントする場合、カッティングシート圧着でプリントすることになるので、まずはゴールドのカッティングシート圧着に対応している印刷サービスを選ぶことが大切です。

カッティングシート圧着の場合、シルクスクリーン印刷などと違ってボリュームディスカウントで極端に割引されるようなことがありませんので、大量に注文した場合でも1枚あたりのコストはあまり変わりません。

オリジナルプリント.jpのカッティング圧着が選択できるパーカーにある「TRUSS トライブレンド プルオーバーパーカ」で見積りをしてみたところ、1枚作る場合は4,760円、10枚作る場合は42,100円、30枚作る場合は126,300円でした。

このパーカーのAmazonでの販売価格は9,720円でしたが、製作コストを考えればそのくらいするのも納得だと思います。

両面に大きくデザインが入ったジップアップパーカー


出典:ARCH ENEMY ロゴ&シンボル ジップアップパーカー オフィシャル Mサイズ

エクストリームミュージック界を牽引するバンド「ARCH ENEMY(アーチ・エネミー)」のジップアップパーカーです。
フロントにはバンド名、バックには大きくイラストが入っています。

このようなジップアップパーカーを作る場合、ジッパーの左右にまたがって大きくプリントしなければならないため、対応しているサービスは限られてきます。

比較的、低コストで作れるのは、graphicのジップパーカーで、両面に「濃色生地用プリント・大サイズ」を印刷することで再現できます。

1枚注文時の価格は7,400円。10枚の場合は71,150円でした。注文枚数が増えても1枚あたりの単価はほとんど変わりません。

両面にフルカラーのアルバムアートワークをプリントしたフーデッドパーカー


出典:SLIPKNOT GRAY CHAPTER SKELETON

SLIPKNOTの5thアルバム「THE GRAY CHAPTER」のアルバムアートワークをプリントしたオリジナルパーカーです。

両面にインクジェット印刷で大きくデザインがプリントされているタイプですが、先程と違ってフーデッドパーカーなのでサービス選びはそれほど難しくありません。

オリジナルプリント.jpで作った場合

Jellan フーデッドライトパーカーのホワイトインクジェットプリント(胸中央+背中中央)で見積りしてみると、1枚で6,320円。30枚で166,800円(1枚あたり5560円)でした。ちなみに100枚作っても1枚あたり5,260円(トータルだと526,000円)だったので、あまり利益率が良いとは言えなそうです。

tmixで作った場合

tmixで作った場合も調べてみました。
こちらの「UnitedAthle 定番プルパーカ 00184-NSH」だと、両面プリントが7,873円なので、オリジナルプリント.jpと比較すると全体的に割高ですが、100枚を超えると割引率が50%になるので、逆転します。

両面にインクジェット印刷した場合の価格
オリジナルプリント.jp tmix
1枚 6,320円 7,873円
10枚 56,800円
(5,680円)
74,795円
(7,480円)
30枚 166,800円
(5,560円)
200,767円
(6,692円)
50枚 275,000円
(5,500円)
295,245円
(5,905円)
100枚 526,000円
(5,260円)
393,660円
(3,936円)

まとめ

以上、いろいろな種類のオリジナルパーカーの費用と作り方を紹介しました。

多少アバウトなところはありますが、こんな感じのデザインでオリジナルパーカを作った場合は、だいたいこのくらいの費用がかかりますよというのがわかると思います。

販売用の商品としてパーカ製作を検討されている方は、リンクされているAmazonの販売価格と合わせて参考にしてもらえれば、実際に自分で販売するときの販売価格を決める目安になるかと思います。